電験2種・1種の試験を知りたい

時々、電験2種の試験についてのお問合せを頂きます。「電験3種では役に立たないのでは」と心配される方がいますが、そんなことはありません。事業用電気工作物のうち、最も施設数が多いのは、電験3種で監督できる電圧5万ボルト未満の施設です。

そして、電験2種は毎年合格者が500名位しかいない超難関資格ですので、電験3種から着実に合格するようにお薦めします。

第2種電気主任技術者試験(電験2種)は電圧17万ボルト未満の事業用電気工作物の主任技術者として必要な知識について、第1種電気主任技術者試験(電験1種)はすべての事業用電気工作物の主任技術者として必要な知識について、一次試験と二次試験(いずれも筆記試験)を行います。

第1種電気主任技術者
第2種電気主任技術者
第3種電気主任技術者
事業用電気工作物
すべての事業用電気工作物 電圧17万ボルト未満 電圧が5万ボルト未満
(出力5,000キロワット以上の発電所を除く)
例)上記電圧の発電所、変電所、送配電線路や電気事業者から上記電圧で受電する工場、ビルなどの需要設備 例)上記電圧の5,000キロワット未満の発電所や電気事業者から上記の電圧で受電する工場、ビルなどの需要設備

■ 電験2種・1種の試験内容

電験2種・1種とも難易度は違いますが、下記の試験内容となります。

[ 一次試験 ] 4科目でマークシート記入による多肢選択方式

科目名 科目の内容
理 論 電気理論、電子理論、電気計測及び電子計測
電 力 発電所及び変電所の設計及び運転、送電線路及び配電線路(屋内配線を含む。)の設計及び運用並びに電気材料
機 械 電気機器、パワーエレクトロニクス、電動機応用、照明、電熱、電気化学、電気加工、自動制御、メカトロニクス並びに電力システムに関する情報伝送及び処理
法 規 電気法規(保安に関するものに限る。)及び電気施設管理

 

[ 二次試験 ] 2科目で、各科目の解答方式は記述方式

科目名 科目の内容
電力・管理 発電所及び変電所の設計及び運転、送電線路及び配電線路(屋内配線を含む。)の設計及び運用並びに電気施設管理
機械・制御 電気機器、パワーエレクトロニクス、自動制御及びメカトロニクス

■ 電験2種・電験1種の試験日程

受験申込み:6月
一次試験:毎年 9月上旬
二次試験:毎年 11月下旬~12月上旬

試験日程や試験データの詳細は、(一財)電気技術者試験センターをご覧ください。

 

■ 科目別合格制度(科目合格留保制度)

一次試験の結果は科目別に合否が決まり、4科目すべてに合格すれば一次試験に合格となります。

一部の科目だけ合格した場合には科目合格となります。翌年より2年間の試験では申請により、科目合格の試験が免除されます。従って、3回の試験で4科目に合格すれば、一次試験の合格となります。

尚、この制度は一次試験だけで二次試験には科目別合格の制度はありません。、一次試験に合格した年度の二次試験に不合格となった場合は、翌年度の一次試験が免除されます。

 

電験3種通信講座とは?

株式会社翔泳社アカデミー
大阪市中央区博労町 3丁目3番10号 中西ビル7階

当社はJASDAQに上場しているSE H&Iのグループ会社です。 SSL グローバル
サインのサイトシール

  • お問い合わせ
  • TOPへ戻る